ダポキセチンの化学式と男性

ダポキセチンを飲んだら何が起こるか、効果と副作用

ダポキセチンは男性の性行為における早漏を防止することを目的とした薬であり、いわゆる早漏防止薬と呼ばれるものです。ダポキセチンの働きとしては抗うつ剤と同じ性質を持って持っており、神経に作用して早漏を防止します。ダポキセチンの働きとしては神経の末端へとセトロニンが取り込まれていく仕組みを阻害するというものです。もともとダポキセチンはセトロニンの取り込みを阻害するSSRIと呼ばれる抗うつ剤の副作用として精力が減退があり、それを研究して早漏防止薬としたものになります。ダポキセチンの働きによって性的刺激による脳の興奮を一定に抑えることができその結果、射精に至るまでの時間を引き延ばすことができます。具体的には射精に至るまでの時間が普段の約3倍程度とされています。一方でダポキセチンは、もともとは抗うつ剤と同じ性質をもっているため、神経に作用する薬になり一定のリスクが存在する薬になります。このため中枢神経に作用する薬との併用では危険が伴いますし、またダポキセチンは男性向けに開発されたものであり、女性が使用することは禁止されています。対象年齢も18歳以上となっています。いずれにしても他の薬と併用するには注意がいる薬になります副作用に関しては神経に作用するため頭痛や嘔吐感、血圧の上昇、腹痛、下痢、むくみ、疲労感、不眠などの症状が報告されています。また稀な副作用としては蕁麻疹や発疹、呼吸異常などがありますが、副作用の多くは通常は1時間程度で収まるとされます。ダポキセチンは、比較的有名な早漏治療薬として国内の病院でも処方される薬になりますが、健康保険の適用外のため全額負担になります。このためジェネリック医薬品などの個人輸入も盛んに行われています。

ダポキセチンって長く飲み続けても大丈夫なの?

ダポキセチンはSSRIの薬なので長く飲み続けると緊張や不安などに効果的で、早漏予防では射精時間が3分以上長くなるので、セックスの直前に服用するよりも効果的です。SSRIの薬は脳内のセロトニンの量を一定にする働きがあるので、長く飲み続けることでセロトニンが安定した状態にすることができるので、早漏を根本的に治癒する可能性があります。副作用としては長く飲み続けることで意欲が低下して、性欲低下などの症状が出るリスクがあることで、これらの症状が見られたらすぐに医療機関を受診して他の薬に切り替えることが必要になります。ダポキセチンはSSRIの射精障害の副作用を利用して開発された薬なので他のSSRIの薬に比べると早漏に対する効果が高くなっています。射精までの時間が長くなるのは、脳内の興奮を抑えることで亀頭の感覚が鈍くなるのが理由で、興奮が強く抑えられると射精ができない場合があるので使用量を調節するなどして適切な時間で射精できるように心がけることが大切です。射精に関しては肉体的な疲労や精神的なストレスによって早漏などになりやすいので、薬を服用する前に休養をとることが重要で、体を休ませることで性欲が高まって、正常なセックスができる可能性があります。男性は脳が興奮してしまうと、心臓などに血液が集中してしまうのでペニスが勃起しにくくなるので、不安や緊張などの気持ちが起きないように女性の体などに集中しなければなりません。仕事などのストレスがあると脳が興奮し続けるので交感神経が活発に働いてペニスに血液が送られなくなります。EDはこの状態が長く続いた場合の症状で、ゆっくりと体を休めることで自然に治癒することもあります。

ダポキセチンで早漏が治ったと思ったら次にすること

ダポキセチンで早漏が治ったと思ったら次にすることはセックスを何度もして、薬に頼らずに正常な性行為ができるようになることで、ダポキセチンはSSRIの薬なので服用を続けていると不安や緊張感が緩和されて、射精までの時間が長くできますが、セックスに対する不安な気持ちや緊張に慣れて薬なしでも早漏にならないように練習をします。基本的にはリラックスをすることで早漏を予防することができますが、そのためにはパートナーとの信頼感も重要なので、セックスの前に少量のお酒を飲むなどすると効果があります。射精の時間は個人差があるのですが、早漏の人の場合は長くても30秒程度なので、軽い刺激でも射精してしまいます。これは脳が興奮しすぎるのが原因とされているので、ダポキセチンなどの薬でセロトニンを増やして興奮しにくい環境を整えることで十分に対応することができます。SSRIはうつ病やパニック障害のための薬ですが、射精障害の副作用を利用して、ダポキセチンが開発されました。ダポキセチンは24週間以上継続して服用をすると射精までの時間を3分以上長くすることができるので、早漏を予防することができます。継続して服用すると人によってはセロトニンが増えすぎて意欲が低下する可能性もあるので、性欲が低下してしまった場合には医療機関を受診して薬を変更する必要があります。SSRIはセロトニン受容体に働きかけて脳の興奮を抑えるのですが、有酸素運動にも同様の効果があるとされていて、ウォーキングとランニングを組み合わせた運動をするとSSRIと同様の効果があるとされているので、ダポキセチンで副作用が出た場合にはこれらの運動をして脳の興奮を抑えることもできます。
■ダポキセチンという有効成分を配合
プリリジー
ダポキセチンで悩みを解決
■早漏に効くポゼットは正しい服用で効果が発揮されます
ポゼット