ダポキセチンの化学式と男性

ダポキセチンによって持続時間は3倍から4倍程になる

EDを治療出来る海外製医薬品は世間的に非常に有名ですが、何もEDだけが成人男性の悩みの種ではありません。
早漏もまたEDと同レベルに、成人男性のプライドを傷つける問題です。
勃起やセックス自体は可能にも関わらず、ペニスの持久力が低く、安定した心身でピストンする事が出来ないため、女性をベッドの上で満足させられません。

また挿入する前にペニスが反射的に射精してしまったり、女性器の少しペニスが入っただけでザーメンを中に出してしまう等、早漏が原因で一般的なセックスが出来ない男性もいます。

ED治療のお薬が世間的に脚光を浴びていますが、世の中には早漏を改善出来る専用のPE薬がありますので、下半身の問題が性生活の妨げになっている方は、一度服用してみましょう。
過去に早漏向けの塗り薬や専用グッズを使い、早漏克服を挫折してしまった方も、内服用のPE薬なら、簡単に劣等感が乗り越えられますので、試す価値は高いです。

PE薬の主成分はダポキセチンになります。
早漏の男性は、一般の方よりもセロトニンの分泌量が少ない傾向があります。
ダポキセチンには落ち着き物質とも呼ばれるセロトニンを増加させる薬効が存在し、脳内の状態を穏やかに整える事で、ペニスの早すぎる射精を抑止させます。
セックス全体の持続時間が、ダポキセチンによって伸びる事はほぼ確実であり、早漏時と比較し、3倍から4倍以上の持久力が得られます。

その持続時間の値は女性器の挿入した状態ですので、例えばオーラルセックスやペッティング等の軽い性的刺激であれば、更に持久力が伸びる可能性があります。
普段、簡単なオーラルセックスやペッティングで射精してしまい、精液を無駄に使ってしまう男性もダポキセチンを含むPE薬を飲めば、無益な射精が無くなり、前戯を落ち着いて満喫出来るはずです。