ダポキセチンの化学式と男性

ダポキセチンの効果とDVDでもういっかい!

ダポキセチンは早漏の治療薬として処方されているのですが、勃起改善薬と併用することで勃起の維持をしながら射精も長くすることができるので、世界的には同時に服用することが多くなっていて、勃起改善薬の効き目が長い場合にはセックスを終えた後にDVDを鑑賞しながらもういっかい!という感じで射精を楽しむことができます。ペニスを勃起させるためには血液を集中させる必要があるのですが、ストレスなどで脳が疲れているとペニスの血液を脳や心臓に送るようにコントロールされてしまうので勃起を維持するのが難しくなります。勃起不全の状態は一時的なものが多いのですが、長引いている場合には動脈硬化や糖尿病などの病気が原因の場合もあります。大学病院の中には男性のEDの専門外来があるので、血液検査や画像による検査を行って原因を特定することで根本的にEDを治すことができます。ダポキセチンは内服タイプの早漏予防薬で、脳に作用する薬なので医師の指導に基づいて服用をしなければなりません。セロトニンの量を調節する作用がありますが、効果には個人差があるので副作用が出た場合には射精が遅過ぎてしまうことがあります。セロトニンは人間が健康的な生活をするためには非常に重要な役割がありますが、不足してしまうと緊張や不安な状態が続いてしまったり、感情を抑えることができなくなるので、うつ病などになった場合にはセロトニンの量を減らさないためにSSRIの薬が処方されます。ダポキセチンもSSRIの薬なのですが、効き目が短時間なのでセックスの1時間前に服用して継続的には飲まないのが一般的です。不安や緊張を改善するために服用するには精神科を受診して他のSSRIを処方してもらう必要があります。