ダポキセチンの化学式と男性

男性にオススメなダポキセチンを含むPE治療薬

PE治療薬は性交時、射精までの期間が短時間過ぎる男性に推奨される薬品です。
大衆的な風邪薬と同じ内服用の医薬品ですので、特別な準備をしなくても服用出来ます。
マグカップ半分程度のお水があれば、本当にどこでも服用可能です。
PE治療薬は小指の爪位の小さな薬品であり、自宅の台所や洗面所はもちろんのこと、
ラブホテルや旅先の旅館などでも服用出来ますので、セックスが毎晩早過ぎると彼女からクレームを付けられている男性は、薬品の力を一回借りてみましょう。

早漏の原因は端的に言えば、脳内物質の一種であるセロトニンの不足にあります。
その体質が強い方は、ストレスを感じやすい性格を持っている事が多く、ノルアドレナリンの働きが非常に活発であり、そのノルアドレナリンを抑制させる程のセロトニンが分泌出来ないと、精神のバランスが崩れ、心因性のEDまたは早漏、あるいはその両方が下半身に生じます。

PE治療薬の効力はセロトニンの増幅であり、分泌量が薬品の主成分ダポキセチンによって増える事で、過剰なノルアドレナリンの働きを妨害し、脳内の安定化を図ります。
脳内がダポキセチンによって安定する事で、射精までの時間は最低でも3倍、男性によっては4倍以上、増加させられます。

PE治療薬を飲む時間ですが、セックスを始めるタイミングから逆算し、およそ2時間前に飲むのが良いと言われています。
効果の発現までには60分位の待ち時間が必要ですので、服用直後からセックスを開始するのは得策ではありません。

ダポキセチンの効力は平均で3時間程、持続します。
セックスを焦る必要はありませんが、服用後60分が過ぎた段階から徐々にペッティングを始める等、性行為の準備を開始すれば、ダポキセチンの持続時間をフル活用出来ます。