ダポキセチンの化学式と男性

精神的疲労による早漏には、ダポキセチンのお薬が有効

疲労状態が続くと、男性の肉体と精神には色々な悪影響が生じます。
心身の疲労具合によっても、異なりますが、重たい荷物をたくさん運ぶ仕事を連日続ければ、肉体には筋肉痛や肩こり、腰痛等のダメージが表面化します。

またメンタル系のダメージも深刻です。
連日連夜、神経質な作業が伴う残業を強いられると男性の精神はバランスを崩します。
情緒不安定になる、生理現象が正しく現れない、妙に感情的になる、論理的な思考が出来なくなる、不眠症やうつ症状が表面化する等の精神系のトラブルが現れます。

そこまで疲労感が深刻がない場合でも、油断は出来ません。
男性の肉体の中でも最も疲労の影響を素早く感じ取るのが、男性機能の部分です。
特にストレスフルな日々が続くと、男性機能が乱れやすくなります。
勃起力が低下したり、セックスへの意欲が極端に減る、心労油性の早漏が現れる等の悪影響が出て来ます。

若い男性の場合、心労によって現れやすいのはED的な症状よりも心因性早漏の症状です。
心因性早漏を抱えると、普通にセックス出来ない心身に陥ります。
早漏になった事が新たなストレス源となり、更に深刻な重度の早漏になるパターンがあります。
その負のサイクルにストップをかけるためには、ダポキセチンが有効成分として使われた治療薬が必要です。

ダポキセチンはPE治療薬、要するに早漏を改善するお薬に広く採用される成分で、
メンタルケアの業界でもお馴染みの成分ですので、安全面には専門医のお墨付きがあります。
副作用がほとんどなく、それでいて心因性早漏を治せる確率が高いです。
ダポキセチンには継続的に利用する事で、効力が上がる面白い薬効があり、
最初のうちは穏やかに早漏が治る程度だったとしても、常用する事でより堅実に早漏が治療出来ますので、コツコツ続ける価値があります。